週間天気 連休明けは東京で初雪か 後半は3月並みの暖かさだが雪崩に注意

週間天気 連休明けは東京で初雪か 後半は3月並みの暖かさだ…の画像はこちら >>
10日日曜も日本海側は大雪の所がありそう。11日月曜は雪のエリアがチェンジして、12日火曜は関東など太平洋側の平地でも雪が降るでしょう。東京都心でも、初雪の可能性があります。水曜以降は、全国的に、気温が徐々に上がるので、積雪の多い所では、雪崩や屋根から落ちる雪に、十分ご注意ください。
10日日曜・11日月曜「成人の日」 日本海側の雪はどうなる?

10日日曜も、「強烈寒気」の影響で、日本海側は雪や雨が続くでしょう。大雪のピークは過ぎますが、北陸を中心に、まだ積雪が増えそうです。11日午前6時までの24時間に予想される「雪の降る量」は、いずれも多い所で、北陸地方で60~80センチ、東海地方・近畿地方・中国地方で20~40センチとなっています。11日月曜「成人の日」になると、日本海側の雪は、次第に弱まるでしょう。雪下ろしのチャンスですが、はしごをしっかり固定するなど、安全を確認して、必ず2人以上で、声をかけあって行ってください。一方、太平洋側では、10日日曜は広く晴れますが、11日月曜「成人の日」は、西から天気が崩れるでしょう。夜は九州や四国で傘の出番となり、標高の高い所は雪が降りそうです。
連休明け 関東など太平洋側の平地でも 雪の可能性
そして、12日火曜は、近畿から東北の太平洋側でも、雪や雨が降るでしょう。関東甲信は内陸部を中心に雪で、このタイミングで、東京都心で、初雪が観測される可能性があります。今のところ、関東甲信では、雪の降る時間帯は、午前中が中心ですので、連休明けは交通機関への影響も心配されます。ただ、予報には、まだ幅があり、雪の降るエリアや、雪の降る時間帯が変わる可能性もあります。最新の気象情報や交通情報を確認してください。もし、雨で降ったとしても、「冷たい雨」になりますので、体を冷やさないよう、注意が必要です。

13日水曜以降 徐々に 気温上昇
13日水曜以降は、寒気が北上するので、「全国的に、気温が上昇する」のがポイントです。週の後半は、九州から関東では、最高気温が15℃前後まで上がる日もあり、3月並みの暖かさの所もあるでしょう。昼間は、日差しがポカポカですので、調節しやすい服装を選ぶのが、おすすめです。東北や北海道でも、この時期にしては暖かい日が増えるでしょう。ただ、「大雪の後」の「暖かさ」ということで、積雪の多い所では、雪崩が発生しやすくなるおそれがあります。過去に雪崩が発生した斜面や、積雪に亀裂が入っている所では、特に注意が必要です。歩く時には、屋根から落ちる雪にも、十分お気をつけください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする