鳩山由紀夫氏、緊急事態宣言発出も国会が開かれない現状は「最大の国家的な危機」

鳩山由紀夫元首相(73)が9日までに自身のツイッターを更新。菅義偉首相(72)が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県に緊急事態宣言を発出したものの、いまだに通常国会が開かれていない現状を嘆いた。
この日、「政府も自治体もまともな対策を取らず東京でコロナ感染が爆発的に増えて緊急事態宣言が再発令されるという国家的な危機に際して、通常国会が開かれないことが最大の国家的な危機ではないか」と疑問を呈した鳩山氏。
「国会を開かずに緊急事態と言っても誰もまともに緊急事態とは思わないのではないかと懸念する」と続けていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする