大雪の日に出勤したら、駐車場で驚くべき光景が… 「雪国怖すぎ」「戦慄した…」

日本海側や太平洋側の山地を中心に大雪が降った、2021年1月8日。
毎年降雪量の多い東北地方ですが、2021年は雪に慣れた人でも驚くほどの積雪となりました。
大雪によって停電や事故、交通マヒが各地で続出し、ネットでは悲鳴が続々と上がっています。
この日、秋田県ではマイナス5℃を記録する地域も。停電と大雪に見舞われ、朝から大変な状況になっていました。
秋田県に住んでいる、えんどれ(@endore04)さんは、大雪の中なんとか会社にたどり着くことができたといいます。
しかし、えんどれさんは会社の駐車場で驚くべき光景を目にしたのです。
出勤したら駐車場が凍ってた。水道管破裂するとこうなる。 pic.twitter.com/K1QGdpcoo9
なんと、あまりの寒さに水道管が破裂し、設備が損傷。その結果、駐車場に漏れた水が凍り付いてしまったのです。
水は氷になると、少し体積が増えます。ペットボトルが凍ると膨らむ現象と同じく、水道管も内側から膨れて損傷してしまうのです。
駐車場の天井からは無数の氷柱ができ、その下に停まっていた車は氷漬けに…。2枚の写真からは、大雪の恐ろしさが伝わってきますね。
えんどれさんの投稿は3万回以上拡散され、多くの人があ然としてしまったようです。
・こ、これが雪国の恐ろしさ…。まるで鍾乳洞のようだ。
・車には申し訳ないけど、神秘的な光景だと思ってしまった。
・これはもう笑うしかないレベル。いくら寒い地方とはいえ、日本での光景に見えん…。
ちなみに、水道管の破裂を防ぐ方法の1つに『水を少し出しっぱなしにしておく』というものがあります。
しかし、ネットでは水を出しっぱなしにしておいた結果、蛇口から出た水すら凍ってしまったという報告も。
強大な自然の前では、人間はちっぽけで無力な存在ということを再認識させられます…。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする