人気駄菓子店がコロナ禍で閉店決断 「耐え忍んできた」代表の想いを直撃

(写真提供:お菓子屋けんちゃん)帝国データバンクは7日、2020年における飲食店事業者の倒産は780件発生し、過去最多の水準となったと発表。そんな中、外国人観光客の人気スポットでもあった駄菓子店が閉店の決断をした。
■家賃が高いことで有名な商店街名古屋市大須商店街にある人気駄菓子店「お菓子屋けんちゃん」は、1月24日で店を閉じる。大須商店街は全国的に見ても家賃が高いことで有名。「大須に店を出すくらいなら、新宿歌舞伎町に出したほうがよい」といった声があがるほどだった。【お菓子屋けんちゃん閉店のお知らせ】ごめんなさいけんちゃんコロナに負けちゃった最後まで笑顔で頑張るね↓長文ですがご一読ください♀ pic.twitter.com/WAc1xjYAsf お菓子屋けんちゃん【1月24日で閉店します】 (@osu_kenchan) January 6, 2021家賃が高いにも関わらず、コロナ禍以前は空き物件がほとんど出ることなく、仮に出てもすぐに埋まるほどの人気ぶり。しかし、最近は空きが目立ってきたという。
関連記事:客足途絶えた商店街 「盛り下がってる」と正直すぎるポスターで大注目浴びる■外国人からも大人気お菓子屋けんちゃんは、2014年にオープンし最初の1年間は試行錯誤したものの、昔ながらの駄菓子店の形態にしてからは外国人観光客からも大人気となった。一般客の平均単価は300円から500円だったが、外国人の単価は1,000円から2,000円で、中には1万円を超える爆買をしていく客もいたという。■テレビで紹介されても客足伸びず順調に売上が伸びていたが、緊急事態宣言の第一弾が出たころから事態は急変する。昨年の5月~6月にかけては例年の9割減という壊滅的な状態になってしまった。売上が少ないにも関わらず、家賃や人件費が出ていくため、徐々にボディブローのように財務状況が悪化していったという。以前は雑誌やテレビに取り上げられると、売上が比例して上がっていったそうだが、コロナ禍以降はテレビで紹介されても全く客足が伸びることがなかった。
■従業員を露頭に迷わす訳にはいかないそんな状況の中で代表の大橋氏は、「従業員を露頭に迷わせたくないとの想いが強かった」と話す。また、会社を倒産させてしまうと色々な方面に迷惑がかかることを懸念したと語る。そのため、早めに店を閉めたほうがよいとの苦渋の決断を昨年12月末に行った。現在、通販サイトで駄菓子の販売を少し行っているが、今後は現在の従業員をそのまま雇用し、通販事業を本格化させていくという。最後に大橋氏は、「コロナ禍が落ち着いて会社が安定していれば、そのときはまたこの地でお菓子屋けんちゃんを復活させたい」と未来への想いを語った。

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする