21歳の誕生日をビールで祝った男性に54万「いいね」 理由に涙があふれる

日本では20歳からを成人と呼びますが、アメリカでは選挙権が与えられる18歳が成人と見なされます。
ただし飲酒が認められるのは21歳からであり、21歳も大人の仲間入りができる特別な年齢といえます。
2020年12月6日、マサチューセッツ州に暮らすマット・グッドマンさんは21歳の誕生日を迎えました。
ついにお酒が飲める年齢になったマットさんは記念すべき最初のビールを飲む姿をTwitterに投稿。
そのツイートが54万件を超える『いいね』をもらうほど、話題になったのです。
マットさんがシェアしたのはジョッキでビールを飲む姿と10ドル札の写真。
実はこの10ドルは約6年前に他界したマットさんの父親、ジョンさんからの贈り物。
ジョンさんは亡くなる前に、マットさんの21歳の誕生日に「最初のビールをごちそうしたい」と思い、マットさんの姉に10ドルを託していたのです。
almost 6 years ago before my dad passed he gave my sister this 10$ bill to give to me on my 21st birthday so he could buy me my first beer, cheers pops havin this one for you! pic.twitter.com/oaIulpEJTc
父さん、乾杯。この1杯を父さんに捧げるよ!
@mattg12699 ーより引用(和訳)
天国のお父さんに感謝しながら、初めてのビールで乾杯をしたマットさん。
彼の投稿にはたくさんのコメントが寄せられています。
・なんて素晴らしいお父さんだ。
・涙が出たよ。誕生日おめでとう!
・今日、僕の父さんを思いきりハグすることに決めたよ。
さらにこの話には続きがあります。マットさんのツイートがビールメーカー『バドワイザー』の目に留まり、なんとバドワイザーが8ケースもプレゼントされたのです。
We’re raising one to your pops, Matt. He got your first beer and the next one’s on us. https://t.co/G29VzkzqAc
マットさん、あなたのお父さんに乾杯。
1杯目は彼のおごりだったので、2杯目は私たちがごちそうします。
@budweiserusa ーより引用(和訳)
Thanks @budweiserusa i think i got my next few beers taken care of!!! pic.twitter.com/w0Txl413sZ
マットさんは『CNN』にこう語っています。
父さんは将来やってくる僕の人生の大切な瞬間のことを考えてくれていた。それが分かったことが何より嬉しいです。例え父さんがここにいなくても、彼は僕の21歳の誕生日を素晴らしいものにしてくれたんですから。
これは恐らく僕が今までもらった最高のプレゼントです。
CNN ーより引用(和訳)
『CNN』によるとジョンさんは食道がんで亡くなりました。生前の彼はマットさんの人生のビッグイベントを欠かすことはなかったといいます。スポーツの試合は必ず見に行き、誕生日はもちろん、彼が失恋した時もそばにいてくれたのだとか。
そんなジョンさんは愛する息子が21歳になった時に一緒にお酒が飲めることをとても楽しみにしていたのでしょう。
マットさんが空に向かって掲げたジョッキに、天国のジョンさんも笑顔で乾杯していたのではないでしょうか。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする