森友訴訟、一部取り下げ=自殺職員妻―大阪地裁

学校法人森友学園への国有地売却をめぐる公文書改ざん問題で、自殺した財務省近畿財務局職員赤木俊夫さん=当時(54)=の公務災害補償に関する文書の開示決定期限が延長されたのは不当として、妻雅子さん(49)が大阪地裁に起こした訴訟が8日までに取り下げられた。6日付。原告側弁護士が明らかにした。
関連文書は、国などに損害賠償を求めた別訴訟で昨年12月に開示されていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする