鳩山由紀夫元首相、緊急事態宣言発出をバッサリ「それは最初の宣言でコロナを抑え切れずに失敗したことを意味する」

鳩山由紀夫元首相(73)が8日までに自身のツイッターを更新。菅義偉首相(72)が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県に緊急事態宣言を発出したことについて、見解を示した。
この日、「緊急事態宣言が再発令される。それは最初の緊急事態宣言でコロナを抑え切れずに失敗したことを意味する」と厳しくつづった鳩山氏。
「中国は既にコロナを抑えて経済は順調だ。独裁だからではない。台湾も健闘している。検査の徹底しかないのに失敗の反省もなく中途半端な政策しか取らなければ、コロナを終息させることはできまい」と指摘していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする