夫婦殺傷容疑、男2人逮捕=長男と金銭トラブルか―宮城県警

宮城県柴田町の住宅で昨年9月、高齢夫婦が殺傷された事件で、県警は8日までに、殺人などの疑いで会社員岩見尭明(27)=同県山元町小平=、土木作業員森満(45)=愛知県岩倉市八剱町=両容疑者を逮捕した。県警は2人の認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は昨年9月11日午後8時10分ごろ、柴田町北船岡の無職毛利哲雄さん=当時(74)=の自宅で、毛利さんの脇腹を刃物のような物で刺して殺害し、妻(70)の腹などを刺して2週間のけがをさせた疑い。
県警によると、毛利さんと同居する40代の長男と、岩見容疑者との間に金銭トラブルがあったという。同容疑者とインターネット交流サイト(SNS)で知り合った森容疑者が襲撃の依頼を受けたとみられ、車で移動して事件を起こした。当時、長男は不在で、県警は経緯を詳しく調べている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする