八景島シーパラダイス、9日から時短営業へ 人数制限もより厳しく

新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を対象に、1月8日から2月7日までの期間、特別措置法に基づく緊急事態宣言が発出された。これに伴い、横浜・八景島シーパラダイスが、営業時間の短縮、人数制限の強化といった対策を発表している。
■9日(土)から営業体制を変更へ八景島シーパラダイスは7日、緊急事態宣言の発出を受けて、1月9日(土)から当面の間、営業体制を一部変更すると発表。4つの水族館施設は全て最終入館が16時に、閉館は16時30分となり、屋内外のアトラクションの営業時間も17時までに変更となる。レストランプラザも、17時15分にラストオーダー、18時には閉店するという。
関連記事:加藤浩次、新型コロナ対策としてのロックダウンに疑問 「その措置はいるのか」■人数制限も強化また9日からは、水族施設館内の滞留者の人数を常時1,000人程度になるようコントロールが行われ、超過の場合には入場制限を行うとも発表。「海の動物たちのショー」も、観覧定員2,000名→1,000名に減らして実施される他、各アトラクションなども人数制限がより強化される。■ナイトショーなどは中止にまた、アクアミュージアムの「ナイトショー『LIGHTIA』」「スーパーイワシイリュージョン」「ホッキョクグマのエンリッチメントタイム」「ショーのイルカプールガイドツアー」は中止に。イルカなど海のどうぶつたちとのふれあいが楽しめる、『ふれあいラグーン』での「シロイルカ・イルカとおよごう」「イルカとあそぼう」「シロイルカとあそぼう」や、「アクアシアター」も中止される。

■収束したら思いっきり遊びに行きたい全国的に感染が急拡大しており、感染対策をしながらの経済活動は、多方面で難しい判断を迫られている。なお、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女2,168名を対象に実施した意識調査では、全体で39.6%の人が「新型コロナが収束したらテーマパークに行きたい」と回答していた。

これ以上の感染拡大を防ぐためにも、来場者も一人ひとりが可能な限りの感染症対策を行なった上で、利用することが求められるだろう。最新情報は同社公式ページを確認してほしい。 (文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする