19歳少年を検察官送致=同居男性死亡―大津家裁

滋賀県愛荘町の住宅で無職岡田達也さん=当時(25)=が死亡した事件で、大津家裁(横井裕美裁判官)は8日、傷害致死の非行内容で家裁送致された同居の少年(19)を検察官送致(逆送)とする決定をした。起訴され裁判員裁判を受ける見通し。
決定によると、少年は同居していた無職小林久美子被告(55)=傷害致死罪で起訴=と共謀し、2019年6月ごろから同10月25日、岡田さんに暴行を加えけがさせた上、食事を制限し免疫力を低下させるなどして死亡させたとされる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする