岡村喬生さん死去=オペラ歌手、89歳

国際的なオペラ歌手で、日本のバス歌手の第一人者として知られた岡村喬生(おかむら・たかお)さんが6日、慢性腎不全のため東京都内の病院で死去した。89歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男康生(やすお)さん。
新聞記者を目指して早稲田大に入学したが、在学時代にグリークラブに入ったのをきっかけに声楽の道に進む。イタリアなどに留学して実績を積み、1960~70年代に欧州でバス歌手として活躍した。
帰国後はオペラやクラシック音楽だけでなく、ミュージカルなどにも出演。「NPOみんなのオペラ」を主宰し、オペラの大衆化に尽力した。プッチーニの「蝶々夫人」の中の誤った日本理解を正す演出にも精力的に取り組み、2011年にイタリアのプッチーニ賞を受賞した。
音楽以外でも、テレビ番組「ミッドナイトショー」の司会やCM出演、エッセー執筆、講演など多方面で幅広く活動。NHK大河ドラマ「徳川慶喜」や伊丹十三監督の映画「静かな生活」には俳優としても出演した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする