4億5000万円横領容疑=元会社役員の女逮捕―愛知県警

勤めていた名古屋市内の会社の金を着服したとして、愛知県警瑞穂署は8日、業務上横領容疑で元経理担当役員の松原秀美容疑者(59)=同市昭和区=を逮捕した。松原容疑者は「間違いない」と認めているという。
捜査関係者によると、松原容疑者は横領した金の使途について、輸入販売会社(東京都中央区)を経営する60代知人男性に「貸し付けた」と供述しており、県警は経緯を詳しく調べる。
逮捕容疑は2014年2月~18年7月、解体業の会社「K&T」(名古屋市瑞穂区)の売り上げなどを約90回にわたり、自身や知人男性の口座に振り込むなどして計約4億5000万円を横領した疑い。
県警によると、松原容疑者は会社運営や資金運用についての決定権は持たなかったが、口座や帳簿などを管理する立場にあったという。
K&Tは、18年8月に松原容疑者の着服を確認し、同容疑者を解雇。瑞穂署は同社からの相談を受け、20年3月に告訴状を受理していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする