10日まで日本海側中心に大雪=強い冬型、北陸は厳重警戒―停電、交通に乱れ

日本列島は8日、日本海側を中心に雪が降り、北海道のオホーツク海側や北陸では大雪となった。強い冬型の気圧配置は10日ごろまで続くとみられ、気象庁は大雪による施設の被害や交通の障害に警戒するよう呼び掛けた。特に北陸は9日にかけて厳重な警戒が必要という。
8日未明には前線を伴う低気圧が北海道東方沖から北東へ進んだ影響で、北海道や東北、北陸で猛吹雪となった。各地で停電が多発した後、復旧作業が進み、秋田県の停電戸数は同日午後9時半すぎに約3100戸となった。
交通も乱れ、日本航空が108便、全日空が182便欠航。JRは山形新幹線が山形―新庄間で運転を見合わせ、在来線は室蘭線や釧網線、羽越線、信越線、北陸線などで運休や運転見合わせが生じた。高速道路は北陸道、中国道、九州道などの一部区間が通行止めとなった。
8日午後9時までの24時間降雪量は、新潟県上越市で101センチ、富山県朝日町で70センチを観測。北海道遠軽町では午後6時までに71センチを観測した。
9日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸120センチ、東海と近畿、中国60センチ、北海道と東北、関東甲信50センチ、九州北部30センチ、四国25センチ、九州南部20センチ。
その後、10日午後6時までの24時間予想降雪量は、北陸70~100センチ、東海50~70センチ、近畿40~60センチ、東北と中国30~50センチ、北海道と関東甲信、四国20~40センチ、九州北部10~20センチ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする