玉川徹氏、GoToトラベルの出発自粛をバッサリ「公的介入というのは早くしないと、実は経済にも悪い」

30日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、新型コロナウイルスの感染拡大について報じた。
番組では、Go Toトラベルで札幌市と大阪市を目的地とした旅行が除外され、出発に関しては自粛を求められていることを伝えた。
コメンテーターで同局の玉川徹氏は「誰が見ても出発地から出るのはOKですという話はあり得ないわけですよね」とバッサリ。
経済へのダメージについて「従前から申し上げているように、感染が広がっている時に経済も何もないでしょと。感染が広がれば、皆さんだって勝手に自粛するじゃないですか。それで経済はしぼむわけですから」と見解を語った。
その上で「山が高ければ高いほど下り坂は長いんですよ。だからこれ以上、山を高くしてはいけないんですね。これ以上高くすれば、下っていく時間がかかるわけですから。公的介入というのは早くしないと、実は経済にも悪いということだと思う」と続けた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする