橋下徹氏、営業時短要請について「生活を犠牲にしてまで応じる必要はない。補償金制度も政治の怠慢で作ってこなかった」

30日放送のTBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)では、新型コロナウイルスの感染拡大について報じた。
番組では、東京都の営業時短要請について飲食店を調査し「応じるが55店、応じないが45店」だったことを伝えた。
元大阪市長の橋下徹氏(51)は「元知事という立場からすると要請に従ってほしい」とした上で「国民の立場からすれば応じなくてもいいと思っています。今の段階では。余裕がある所は応じたらいいんですけど、生活を犠牲にしてまで応じる必要はないと思っています」とした。
続けて「1回目の要請の時は未知のウイルスとの戦いで緊急事態宣言を出したので仕方なかったとしても、その頃から特措法の不備があって、営業の自由を制限するのであれば法律の根拠をしっかり作り、補償金という制度も作るべきだという話しもずっとあったのに、政治の怠慢で作ってこなかった。また国民が応じてしまったら、政治がまた何もやらないで義務を果たさないから、生活を犠牲にしてまで応じる必要はない。全ては政治の怠慢だと僕は思っています」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする