世界のアニメファンを魅了した日本の名作アニメ映画5選

コロナ禍続く2020年10月16日に公開されるや、たちまち驚異的なヒットとなり低迷する映画館業界の福音となった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。
台湾でも初日3日間の観客動員約47万人を記録するなど、世界的にも高評価を得ています。同作のように、世界でもヒットし高い評価を受けた日本のアニメ映画作品をご紹介します。
まずは、スタジオジブリ制作の映画史に残る傑作となった、2001年公開の『千と千尋の神隠し』です。
物語は、10歳になり地方都市に引っ越すことになった少女・千尋が、その移動中に偶然家族とともに異世界に迷い込んでしまうところから始まります。
千尋は八百万(やおよろず)の神々が来店する巨大な公衆浴場で働きながら、両親にかけられた呪いを解くためにほん走する、というのがあらすじです。
日本歴代興行収入1位(2020年11月時点)に輝く空前の大ヒット作であり、全世界での興行収入も3億ドル超を記録した本作。
さらに『ベルリン国際映画祭』の金熊賞、『アカデミー賞』の長編アニメーション部門を受賞するなど、賞レースでも数々の栄冠に輝いています。
日本古来の土着信仰や神話のイメージを、色彩豊かかつ緻密なアニメーションで表現する手腕は、まさに匠の技です。
夏木マリさんや内藤剛志さん、神木隆之介さんなど声のキャスティングの豪華さも当時話題になりました。
次は、そんな『千と千尋の神隠し』に次ぐ興行収入を記録した、2016年公開のモンスターヒット作『君の名は。』です。
田舎町に暮らす女子高生の宮水三葉と、東京に住む男子高生の立花瀧。時たま互いの身体が入れ替わっている夢を見ていた2人は、それが夢ではなく現実だったことに気が付きます。
そして、2人の運命は予期せぬ危機を巡ってさらに交錯していくことに…というのがあらすじです。
Kimi no na wa | Your Name(@yourname_official)がシェアした投稿
新海誠監督の名を世に知らしめた傑作である本作は、その美麗なグラフィックはもちろんのこと、青春ラブストーリーの枠に収まらないファンタジーアドベンチャーの要素や、クライマックスに至っては、ハリウッド映画さながらのスリリングな展開すら見せるなど、そのテンポのよさが魅力です。
Kimi no na wa | Your Name(@yourname_official)がシェアした投稿
主演に神木隆之介さん、上白石萌音さんというフレッシュなキャスティングも大きな話題になり、日本での興行収入は250億円超。全世界での興行収入は3億ドル超を記録しています。
そんな本作は、なんと現在ハリウッドでの実写リメイク企画が進行しているそうです。
次は、全米でも大ヒットしたシリーズ屈指の傑作と名高い、1998年公開の『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』です。
幻のポケモンと呼ばれるミュウの化石を基に人間によって生み出されたポケモン・ミュウツー。自らの存在に疑問を抱き、作り出した人間に怒りを燃やすミュウツーは、とある復讐計画を立て、ポケモンマスターを目指すサトシはそれに巻き込まれていく…というのがあらすじです。
「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」が公開されたのも #1998年サトシたちのもとに届いた一通の招待状待ち受けていたのは、人間たちへの逆襲を計画するミュウツーだった…最強のポケモンは誰だ!?#成人の日 #ミュウツーイヤー #ミュウツーの逆襲https://t.co/eFsCgFwcx7 pic.twitter.com/VFWzAFnPFs
全世界で大ヒットし、一大コンテンツとなったポケットモンスターの劇場版アニメの第1作である本作。日本での興行収入は72億円超、全世界での興行収入は1億ドル超というヒットを飛ばしました。
ポケモンという子供たちに人気のコンテンツでありながら、『人間のエゴへの復讐』というダークなテーマを扱っているのも見どころです。
2019年にはNetflixでCG作品としてリメイクされたほか、同年公開のハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』でも、本作のストーリーをオマージュするような展開があり、話題になりました。
次は、そのミステリアスな作風と美麗な作画で世界から高い評価を受けた、2006年公開の映画『パプリカ』です。
精神医療研究所でセラピストを務める千葉敦子は、夜な夜な他人の夢に入り込み、その人の心のトラウマを探り当てて癒す夢探偵『パプリカ』としての裏の顔が。
彼女は、他人の夢をスキャンするマシン『DCミニ』を使った奇怪な事件に巻き込まれていく…というのがあらすじです。
筒井康隆さんの同盟小説を原作に、今は亡き名アニメ監督・今敏監督がメガホンを取った本作。音楽は孤高の音色を奏でる天才ミュージシャンの平沢進さんが手がけており、世界観を力強く支えています。
日本では少ない公開館数ながら8週目で1億円を突破。世界でも88万ドルを超えており、これは『ハウルの動く城』以来2年ぶりの快挙だったそうです。
どこからどこまでが現実なのか、文字通り『夢を見ている』ようなミステリアスなその作風は世界でも高評価を受け、数々の映画賞を受賞し、根強いファンを獲得しました。
最後は、2004年に公開されたサイバーパンク映画『イノセンス』をご紹介します。
ハリウッド実写版も公開された『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の続編。公安9課のサイボーグ刑事バトーは少女型愛玩ロボットが所有者を惨殺する事件を追う。日本アニメとして初めてカンヌ国際映画祭コンペ部門に出品された押井守監督作『イノセンス』配信中。 #ネトフリ pic.twitter.com/NT8WmELibn
脳や肉体を機械化したことが当たり前となった未来。政府直属の機関である公安9課の捜査官バトーは、少女型の愛玩用アンドロイドによる連続殺人事件を追ううちに、未来社会の闇に向き合わされることになる…というのが本作の筋です。
サイバーパンクアニメの金字塔として、数多くのSF映画に影響を与えた押井守監督の1995年の映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』。
その続編である本作は、CGを取り入れてより洗練された圧巻のビジュアルが魅力です。
また、世界中の名著からの引用をセリフに多く組み込んでおり、哲学的な問いかけも唯一無二の世界観を作り上げています。
観客を魅了するにとどまらず、ハリウッドの第一線のクリエイターにも強いインスピレーションを与えている日本のアニメ映画。これからどんな傑作が世に放たれるのか、楽しみですね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする