USJ「スーパー・ニンテンドー・ワールド」 2021年2月4日開業

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)は30日、任天堂をテーマにした新エリア『スーパー・ニンテンドー・ワールド』の開業が2021年2月4日に決定したことを発表した。
『スーパー・ニンテンドー・ワールド』は、マリオを始めとする任天堂のキャラクターやゲームの世界を最新鋭のテクノロジーにより現実世界に再現した新エリア。来年20周年を迎えるUSJの“目玉”で、これまで「2021年春開業」とアナウンスされていた。
また、「マリオカート」をテーマにしたライド・アトラクション『マリオカート~クッパの挑戦状~』の一部、さらにエリアのシンボルのひとつで「マリオカート」のアトラクションが入る「クッパ城」の内部もあわせて初公開した。
『マリオカート―』は、AR(拡張現実)、プロジェクションマッピング、スクリーン投影映像など世界最新鋭の映像技術とスチームなどの特殊効果を駆使した最新アトラクション。ゲストは「マリオカート」に実際に乗り込み、ハンドルを握ってレースに挑む。ドリフトやスピンをしながらコースを滑走するゲストの真横を、マリオやルイージたちのカートがすり抜けていく白熱のレース展開が体験できる。
ユニバーサル・クリエイティブのトーマス・ギャラティEP(エグゼクティブ・プロデューサー)は「『マリオカート』の世界を再現すべく、任天堂とユニバーサル・スタジオのクリエイティブチームがタッグを組みました。ゲストはヘッドセットをつけて、限界のない興奮とスリルを味わいながらコースを駆け抜けることになります」と自信をのぞかせた。
任天堂ブランドのキャラクターおよびその世界をテーマにした施設、また『マリオカート』をテーマにしたアトラクションはいずれも世界初登場となる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする