中華料理「梅蘭」元従業員ら7人不起訴=不法就労事件―横浜地検支部

有名中華料理店「梅蘭」の不法就労事件で、横浜地検川崎支部は30日、出入国管理法違反容疑で逮捕、釈放されていた元従業員の女性(31)ら男女7人を不起訴処分とした。地検は理由を明らかにしていない。7人の不法就労を助長した容疑で逮捕、釈放された経営会社の役員(30)ら2人については、任意で捜査を続けている。
男女7人は1月20日~7月15日ごろ、神奈川県内と東京都内にある梅蘭の店舗で、在留資格で認められていない接客業務に当たったなどとして9月に逮捕された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする