6歳と4歳男児死亡=住宅火災、留守番中か―北海道

30日午後6時25分ごろ、北海道中標津町の住宅で火災が発生していると119番があった。2階建て住宅がほぼ全焼し、室内で見つかった男児2人の死亡が確認された。道警中標津署が出火原因を調べている。
同署などによると、亡くなったのは6歳と4歳の男児。この日は普段離れて暮らす父親(38)宅に預けられていた。火災時、父親は買い物に出掛けていたという。
現場は中標津町役場から東に約1.5キロの住宅地。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする