「火災現場から患者を脱出させたい」 救助優先した看護師が逃げ遅れ死亡

(Romenn/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)体が不自由な患者がいる家で、火災が発生。それに気づくなり患者を救おうとして力尽きた看護師について、『NEW YORK POST』など海外メディアが大きく伝えている。
■突然の火災発生米国・ルイジアナ州で暮らしていたある女性看護師(64)は、麻痺のため動けない状態で自宅暮らしをする71歳の患者を世話していた。そして11月23日午後6時前のこと、患者宅で火災が発生。突然のことに驚いた看護師は患者のいる寝室に大急ぎで飛び込み、どうにかして家の外に逃がそうと試みた。
関連記事:女性2人を切りつけ重傷を負わせた男 あきれた動機に厳罰求める声も■看護師の努力「火事よ!」と声をかけた女性は、動けない患者をキャスター付きベッドごと部屋の外に押し出そうと考えた。しかしうまく行かず、女性はそのプランを断念。続いてベッドから患者を引きずり出し、窓際を目指した。窓から患者を外に押し出し、迫りくる火から逃がしてあげたい。そう考え必死になっていた女性を、火事に驚き集まった隣人らが家の外から懸命に補助。だが女性は煙を大量に吸い込み、力尽きてしまった。その後に到着した消防士らがふたりを家から出し、生きていた患者をヘリコプターで病院に搬送した。■遺族の悲しみは大きくとても愛情深かった女性が死亡し、遺された家族は深い悲しみに暮れている。女性の娘は先日SNSを更新し、「胸がひどく痛みます」「誰かお願い、私をこの悪夢から目覚めさせてください」と書き込んだ。複数のメディアが女性を英雄と称え、当局も「自らの命を犠牲にしてまで患者を救った」とコメントしているが、遺族の気持ちはあまりにも複雑だ。

■大切な人を守るために…しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,721名を対象に調査した結果、全体の24.3%が「大切な人のためになら死ねると思う」と回答した。

女性と患者は親しく、友人として大切な存在だったようだ。ひとりで逃げていれば助かった可能性もあったはずだが、大切な人を見捨てることは、どうしてもできなかったのだろう。患者は回復に向かっており、火災発生後の様子についても、詳しく当局に話している。火災の原因については不明で、現在も調査中だという。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする