演歌歌手の小金沢容疑者逮捕、信号待ちトラックに追突し酒気帯び運転疑い

酒を飲んで車を運転し追突事故を起こしたとして、演歌歌手の小金沢昇司容疑者(62)が道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで警視庁に逮捕されていたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。「間違いない」と容疑を認めているという。
捜査関係者によると、小金沢容疑者は28日昼ごろ、東京都杉並区の都道で運転中、信号待ちのトラックに追突。本人が付近にいた警察官に申告し、様子がおかしかったため警察官が呼気を調べたところ、基準値をやや上回るアルコールが検出されたという。
所属事務所のホームページなどによると、小金沢容疑者は歌手の北島三郎さんの元付き人で、1988年にデビュー。92年のテレビコマーシャルで「歌手の小金沢君」として話題を集めた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする