視覚障害の男性ホーム転落=地下鉄にはねられ死亡―東京

29日午後0時50分ごろ、東京都江東区東陽の東京メトロ東西線東陽町駅で、白杖(はくじょう)を持った男性がホームから転落し、進入してきた下り電車にはねられ死亡した。警視庁深川署は、男性は視覚障害があり誤って線路に転落したとみて調べている。
同署によると、男性は60代とみられ、目撃した乗客の話や防犯カメラの映像から、1人で駅を利用していて足を踏み外した可能性があるという。同署は身元の確認を急いでいる。
東京メトロ広報部によると、同駅ではホームドアの設置作業中で、来年2月から稼働予定だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする