勝手な理由でペットを連れ去り 動物に囲まれ暮らしていた高齢者の身柄を確保

(kmsh/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)80代も迫るある高齢者が、人が大事に飼育しているペットを盗む事件が発生。その後ほどなくして身柄を確保されたことを、『AsiaOne』などが報じている。
■高齢者が起こした事件香港で暮らすある女(77)が、自宅アパートから約300メートル離れた市場を訪問。そこで出店している人物が大事にしていた生後2ヶ月の子猫に目を付け、無断で捕まえて立ち去った。飼い主の通報を受けた警察は、速やかに捜査を開始。市場やその付近に設置してある監視カメラの映像を細かく確認し、女の身元を特定することに成功した。
関連記事:ヘビが這い回る部屋に赤ちゃんを放置… 虐待容疑などで母親ら家族が逮捕■不潔なアパート内で発見現地警察が女の自宅アパートに向かい内部を捜索し、市場から連れ去られた子猫を発見。だが大事に世話をされていた様子はなく、小さな木枠付きの箱に放り込まれていたという。子猫のほかにもケージにいれられたオウムが2羽いたといい、そちらも子猫といっしょに保護された。この女は息子と二人暮らしだというが、アパート内の衛生状態は極めて悪かったとのこと。床には食べ残しなどが放置されていたほか、ネズミ駆除の目的で設置していたとみられるケージも複数転がっていた。女は侵入強盗および動物虐待の容疑で、そのまま身柄を確保された。■動物たちの今保護された動物は元気そうだというが、子猫については獣医が状態を細かくチェックし、その結果を当局に提出する予定とのこと。それが済みしだい、子猫は飼い主に引き渡される予定だという。オウムの入手経路については報じられていないが、そちらも女のアパートには戻されず、当局に引き渡されることになった。

■気になる犯行動機当局は、「容疑者の自宅アパートはひどく不潔だった」「ネズミがすみついている可能性がある」と発表。「子猫を盗んだ理由のひとつは、ネズミを追い払わせることだったとみて捜査を進めている」とも付け加えた。部屋を清潔にする、または業者にネズミの駆除を任せることもせず、子猫を盗むという行動に出たこの女。このまま起訴され有罪と判断された場合、実刑に加え罰金の支払いを命じられる可能性もあるという。あまりにも身勝手な女にさらわれた子猫だが、生きた状態で飼い主のもとに帰れることは、不幸中の幸いだった。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする