小池百合子、20日間でのコロナ封じ込め目指す 「だらだらやってると…」

東京都の小池百合子知事が27日、東京都庁で行われた定例記者会見に出席。新型コロナウイルスの感染を防ぐため、この日から12月17日までの間、飲食店などに時短営業を要請することについて「20日間で(コロナを)抑えていきたい」と気を吐いた。
■新規感染者数のワーストを更新この日、新たに570人の感染者が確認された東京都。この数値は過去最悪であり、重症者数も1人増え61人となった。その状況を打破しようと、打たれたのが飲食店などの時短営業要請。営業を午後10時までとするもので、その要請に応じた事業者には一律40万円の協力金が支払われるというものだ。
関連記事:小池都知事、時短応じぬ店舗について問われイラつき 「苦労もわかるが…」■新たな時短営業は10時まで時短営業は4月11日にも出されており、当初は午前5時から午後8時までの時短(しかも酒提供は午後7時まで)という厳しいものだったことは記憶に新しい。小池知事は「前回の時は午後8時までの営業で、7時がラストオーダー。利用者も事業者側も『かなりきつかった』という声が上がっていた」と打ち明けつつ、その際の声を活かし、10時までというルールにしたことを明かした。■20日で決着を…ことあるごとに「この20日間で終える」と連呼し続けた小池知事。「短期集中で進めていこう、ということ。だらだらとやっていると余計時間がかかって、精神的にも悪影響が出る。皆さん心がけてください、としか言いようがないのはもどかしいところではありますが…」と吐露しつつ、「最初のときにもそれで皆さんのご協力を得て、いったん静めることができた」と第1波が収束した時のことを回顧していた。
■国がボールを持っているのでは?また、賛否の声が飛び交っている「Go To トラベル」についても言及。「人の動きが明らかに増えているということは事実」と懸念を示した上で「全国的なものだからこそ国が考えるべき。ましてや一番最初からそういう設計ではなかったのか」と皮肉を込めて指摘した。 (取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする