攻めのジャンク感! 「一風堂 浅草橋本舗」で「博多もんじゃそば」にハマった

人気ラーメンチェーン「一風堂」が、2020年11月28日に新店舗「一風堂 浅草橋本舗」をグランドオープン。店舗限定メニューも登場すると聞いて、オープン前日に行われたメディア向け試食会にお邪魔してきた。

JR浅草橋駅東口、地下鉄浅草橋駅A1出口から徒歩2分ほど。「一風堂 浅草橋本舗」 は、福岡市にある「一風堂 塩原本舗」に次ぐ全国2店舗目となる「本舗」を冠した店舗。“拉麺発信所”をコンセプトとして独自の商品を提供している塩原本舗同様、「一風堂 浅草橋本舗」ではスープやチャーシューなど「店仕込み」にこだわり、通常の一風堂店舗では味わうことができない独自の限定メニューを提供する。
もんじゃ×豚骨ラーメンの一杯を実食!
今回いただいたのが、浅草橋本舗限定メニュー「博多もんじゃそば」(税別890円)。東京下町名物のもんじゃ焼きと博多の豚骨ラーメンを融合させたという、ここでしか食べられないまぜそばだ。

丼にズラリと乗ったトッピングは、卵黄を真ん中にもやし、キャベツ、たまねぎ、刻みネギ、紅ショウガ、高菜、天かす、青のり、明太子、ゴロゴロした角切りチャーシュー、味付け背脂、魚粉等。麺はもんじゃ用薄力粉と博多細麺用強力粉をブレンドしたうどんのような太麺で、ガッツリ300g。

店員さんのおすすめに倣って、丼から具材がこぼれるのも気にせずにグルッと豪快にかき混ぜてみると、丼の底には結構スープが入っており、たくさんのトッピングがスープを吸いつつ混ざり合っていく。

特に青のりの風味が強く、もんじゃ焼きを想起させられる。ボリューム満点ながら意外とあっさりしているので、300gの麺もスルスルと胃の中へ吸い込まれていった。「博多もんじゃそば(追い飯セット)」(税別950円)で残ったスープにごはんを入れて食べるのもおすすめ。

一風堂のイメージを覆すジャンクで攻めた一杯を存分に味わってほしい。尚、「博多もんじゃそば」は特別商品ということで、今後随時変更しながら提供される予定とのこと。

その他の限定メニューとして、「江戸式醤油ラーメン」(税別790円)もあり。創業当時に「一風堂 大名本店」で販売していた醤油ラーメンを復刻したもので、豚骨清湯と煮干しやあごなどの魚介ダシを合わせたスッキリしたスープが特徴の王道中華そば。また、「白丸元味」(税別750円)と「赤丸新味」(税別820円)のスープに使う骨は豚頭のみを使用してスッキリとした味わいになっている。このスープを味わえるのは全国の一風堂の中でも浅草橋本舗だけ。創業36年目にしてチャレンジ精神を忘れない一風堂。攻めたメニューを「一風堂 浅草橋本舗」で体感してみては。

information「一風堂 浅草橋本舗」
東京都台東区柳橋1-3-6 ユニデン浅草橋ビル1F
営業時間:11~21時(LO 20時45分)
休:日曜

岡本貴之 おかもと たかゆき 1971年新潟県生まれのフリーライター。音楽取材の他、グルメ 取材、様々なカルチャーの体験レポート等、多岐にわたり取材・ 執筆している。趣味はプロレス・格闘技観戦。著書は『I LIKE YOU 忌野清志郎』(岡本貴之編・河出書房新社)」 この著者の記事一覧はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする