瀕死の同僚を心肺蘇生で救った女性 「力かけすぎ」との言いがかりに激怒

(Pongasn68/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)いきなり倒れてしまった同僚を、どうしても助けてあげたい。その一心で必死に蘇生を試みた女性が、とんでもない言いがかりをつけられ憤った。そんな驚きの経緯を、『AsiaOne』などが伝えている。
■同僚の危機今年9月、台湾で暮らすある女性が同僚の異変に気付いた。同僚は仕事中にいきなり意識を失ったといい、焦った女性は病院に連れて行くことに。しかし、数分後には同僚の呼吸が停止。しかも心停止状態に陥ったがAED(自動体外式除細動器)が近くになかったため、救急救命の資格を持つ女性は約15分にわたり心臓マッサージなどを行い、同僚の命を救った。
関連記事:6割に「付き合いきれないと思った相手」あり 温厚な人が怒りを覚えた相手は■まさかの不満ところが同僚は、女性に命を助けてもらったことに感謝するどころか、怒りを爆発させた。女性に対し、蘇生時にできたという腕と胸元のアザの写真を添付したメッセージを送信。「あなたが力を入れすぎたせいで、心臓がダメージを受けたわ」「私は糖尿病だから、このケガが原因で切断手術を受けるはめになるかもしれない」と書き、さらに「蘇生中のケガであることを医師に証明させてもいい」などと、法的措置の検討をも匂わせた。■女性の怒りは大きく必死に救ったにもかかわらず文句を言われ、女性も激怒し、同僚と送り合ったメッセージをSNSで公開。「救ってあげたい一心で、へとへとになるまで頑張ったのに」「そのせいで訴えられるのだとしたら、この国で暮らす人は救急療法なんて身に着けようと思わないほうがいい」「助けてあげても感謝しない人もいるのだから」と悔しい気持ちをぶちまけた。これに、インターネットは大炎上。多くの人が女性に同情し、「蘇生を受けてアザができるのは当たり前」といったコメントを書き込んでいる。
■文句を平気で言う人もしらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,789名を対象に調査した結果、全体の34.3%が「文句を言うのが好き」と回答した。

平気で文句を言う人が多いことが分かるが、この同僚においては、もし女性が心肺蘇生を行っていなければ、文句も言えない状態になっていたかもしれない。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする