ドクロの炭にお札の着火剤 驚きのキャンプ用品を開発したメーカー社長に直撃

(写真提供:CAMP OOPARTS)日本オートキャンプ協会「オートキャンプ白書2020」によると、2019年のオートキャンプ参加人口は前年比1.2%増の860万人で、7年連続で増加となった。今年はコロナ禍ということもあり、「広い場所で気持ち良くなれる」キャンプの人気に拍車がかかっている。そんな中、あっと驚く意外なキャンプ用品が話題を呼んでいる。
画像をもっと見る■ふるさと納税返礼品にも採用製造しているのは、愛媛県新居浜市にある「CANP OOPARTS」。キャンプ歴8年の北野社長が2017年に立ち上げたが、もともとは地元で50年続くオーダーキッチンのメーカーで腕を磨いていた。CANP OOPARTSの製品は、新居浜市のふるさと納税返礼品にも採用されており、キャンプ用鉄板が人気ランキング1位、2位を独占している。
関連記事:ダイソー、外出自粛中にネットで大注目された商品 300円で感動レベル■キャンプを楽しめるものを商品化社長には「キャンプをみんなで楽しんでほしい」という想いもあり、2019年3月に意外性のある「燃えるガイコツ」を、4個セット1,080円で発売開始した。

(写真提供:CAMP OOPARTS)また、2020年3月には「100万円札束着火剤 300万円分セット」を発売。おもちゃの紙幣を使い、中に挟まれている着火剤の材料には四国内県産財を使用している。

(写真提供:CAMP OOPARTS)「真面目に作った商品だ」と社長はアピールするも、どちらの商品も「ふるさと納税返礼品には向かないと担当者に言われてしまった」と苦笑い。

■キャンプ業界注目の商品も今、キャンプ業界で注目を集めているのが、社長が作った「アウトドア バイオエタノール暖炉」だ。キャンプ時のリビングテント内では、薪ストーブや石油ストーブを使うことが多い。しかし、一酸化炭素が発生するため、警報機をつけたり、穴があいたテントを使用するなどの注意が必要。

(写真提供:CAMP OOPARTS)
■アウトドアイベントにも出店ところがバイオエタノール暖炉は、一酸化炭素が一切発生しない。テント内で使用しても穴や煙突の必要がないため、キャンパーに大人気となっている。価格は69,800円で薪ストーブと同等となっており、燃料のバイオエタノールも薪と遜色ない金額まで下がってきたそうだ。現在、すべての商品が通販限定となっているが、年に数回アウトドアイベントに出店中。11月28日・29日の両日は、愛知県国際展示場で開催される「FIELD STYLE」のブースで、商品の販売も行うという。 (取材・文/しらべぇ編集部・おのっち)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする