大学爆破予告で再逮捕 “天才”阪大院生が溺れた「恒心教」と華麗な経歴

天才少年はなぜ壊れてしまったのか――。

インターネット上の掲示板に大学に対する爆破予告を書き込んだとして、大阪大学大学院生の福山紘基容疑者(23)が25日、威力業務妨害の疑いで警視庁捜査1課に再逮捕された。

福山容疑者は、海外の複数のサーバーを経由させて発信元を隠す匿名化ソフト「Tor(トーア)」を使って対立する30代有名ユーチューバーの名前をかたり、7月31日に長崎大と長崎県立大、8月2日には島根大と島根県立大への爆破予告を書き込んだ。

福山容疑者は7月31日、高知大と高知県立大を名指しし、「主要建物を8月7日に爆破する。キャンパス最寄り駅にダイオキシンを散布する」と書き込み、授業を休講させたり、試験を中止させたとして、今月4日に同容疑で逮捕されている。調べに対し、「2022年に開校する大阪公立大の英語表記が大阪大と似ているのが不満で、同様の表記をしている大学を狙った」と供述していた。

■実在しない宗教団体の教徒と供述

福山容疑者は大学に対する爆破予告を続けるうち、大学が所在する自治体や企業にも爆破予告を繰り返していた。福山容疑者は「恒心教」という、実体のない宗教団体の教徒だと話している。どうやら恒心教の教徒たちが組織的に爆破予告をしていたようだ。

「恒心教は実在の弁護士を勝手に教祖に祭り上げ、ネット民が遊びで作った『冗談宗教』で、福山容疑者はネット仲間と宗教ゴッコをしていた。これまで約130件の爆破予告が確認されていますが、そのほとんどが恒心教の教徒によるものか、30代の有名ユーチューバーに成りすましたものです。恒心教はその有名ユーチューバーも攻撃していた」(捜査事情通)

福山容疑者は10月5日、その有名ユーチューバーにユーチューブチャンネルの削除を要求し、強要未遂容疑で逮捕された。その際、押収したパソコンやスマホを解析したところ一連の爆破予告の書き込みの痕跡が見つかった。

奈良出身の福山容疑者は8年前、ロンドン五輪ボクシング金メダリストの村田諒太が母校の伏見中で奈良市民栄誉賞を授与された時、式に立ち会い、生徒会長として花束を渡している。奈良高時代は地学部部長として、理数系教育を重点的に行うスーパーサイエンス203校による研究発表会に参加。「PM2・5が天気を変える」という研究テーマを日本語と英語でプレゼンテーションし、見事全国2位に輝いた。

阪大4年だった昨年は学生が自由に研究を発表する「サイエンス・インカレ」で「磁場勾配による有機物の分別」のテーマで文部科学大臣表彰を受賞。阪大総長からも「課外活動総長賞」の表彰を受けている。

幼い頃から宇宙に興味を持ち、将来は天文学の研究に携わりたかったようだが、一体、何がエリート院生を爆破予告魔にさせたのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする