「サイコロステーキ先輩」でお馴染みの鬼滅キャラ、食堂への異世界転生に成功する

現在公開中の劇場版アニメが絶好調の『鬼滅の刃』だが、新潟県のある食堂では、『鬼滅』の人気キャラクターを彷彿とさせるメニューが注目を集めている。
画像をもっと見る■発想が天才のそれ『鬼滅』の人気キャラといえば、真っ直ぐな性格の主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)を筆頭に、劇場作のキーパーソンである煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)や、第2回人気投票で首位に輝いた我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)などを思い浮かべる人が大多数であろう。しかし話題の食堂が目をつけたのは、なんと作中では無名のキャラ。メニュー名は「鬼のサイコロステーキ先輩定食」というもの。いやいやいやいやいや#サイコロステーキ先輩 pic.twitter.com/cLvstCblhn じょい@zn6 (@fafafa___ster) November 25, 2020
関連記事:『鬼滅の刃』未読者、「主人公が天狗にボコられる作品」と誤解する事象相次ぐ■サイコロステーキ先輩とは?漫画ファンの間では、名前もついておらず、一般的には「モブ」と呼ばれることが多い所謂「その他大勢キャラ」がカルト的な人気を誇るケースが決して珍しくない。人気が出るモブというのは得てして「物語の進行上は便利だが、本筋には全く絡んでこない」という特徴が共通で、ほぼほぼ「使い捨て」のような側面もある。「サイコロステーキ先輩」でお馴染みの鬼滅キャラ、食堂への…の画像はこちら >>ちなみにサイコロステーキ先輩は、『鬼滅』5巻にて登場するモブキャラのネット上での呼び名で、なんの脈略もなく炭治郎の前に出現。1ページを丸々使って自身のキャリア形成のビジョンを語りつつ鬼に斬りかかるも、ほんの一瞬で返り討ちに遭い、コマ切れにされてしまった。妙な存在感がネット民に大ウケし、その最期の様子から「サイコロステーキ先輩」と名付けられた彼は、先の人気投票ではモブキャラにも関わらず223票を獲得している。今回記者は、このパンチの効いた定食を提供する食堂に取材を敢行。名物メニュー誕生の切っ掛けが明らかになった。■「これだ!」と衝撃走る話題の食堂は、新潟県上越市にある「ロケット食堂」。ステーキやロースカツといったガッツリ系のメニューを展開している店だが、元々はサイコロステーキは販売していなかったという。

(画像提供:ロケット食堂)店主が「何か新しいアイデアはないか…」と模索していたある日、中学2年生になる娘が『鬼滅』のサイコロステーキ先輩を紹介してきたそう。先輩がバラバラになる様子を見て、「とても細かくなってる!」「コレは良いんじゃないか?」とインスピレーションを得た店主は、「鬼のサイコロステーキ先輩定食」なるメニューを考案。利用客からの評判も上々のようだが、発想が完全に天才のそれである。
■ステーキがガッツリ食べられる

(画像提供:ロケット食堂)ついついインパクトあふれる「先輩定食」だけに目が奪われがちだが、同店ではたった1,990円で厚切りビーフステーキが90分食べ放題となるキャンペーンなども実施。

(画像提供:ロケット食堂)さらには東京オリンピック、パラリンピックに向け、ステーキを金箔で包んだ「めざせ! 金メダルステーキ」なるメニューを考案したりと、店主のアイデアマンぶりが随所から感じられる。

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする