子供の頃に体験した不思議な出来事 落ち葉を一か所に集めると翌日そこには…

知人から聞いた出来事を漫画にしている、みつつぐ(@mitutugu)さん。
子供たちが遭遇したある不思議な話を漫画化し、Twitterに投稿したところ反響が上がりました。
近所のお寺にあるイチョウの葉が散り始めていた時のこと。葉を拾って見てみると文字のようなものが書いてあり…。
人から聞いた不思議な話を漫画にしてみた 25#人から聞いた不思議な話を漫画にしてみた pic.twitter.com/QudHWlfoR4
お経のような字が書いてあるイチョウの葉を1か所に集め、芋を焼こうと約束した子供たち。
しかし、翌日同じ場所に行くと、葉に埋もれるようにタヌキが死んでいたのです。
お寺の住職がやってきて、「山を守っていたタヌキが極楽に呼ばれたのかもしれない」と説明。
女性は、大人になってから当時のことを振り返り「選ばれしものができた葬儀だったのかもしれない」と思ったそうです。
不思議な話を読んだ人たちからは、「素敵だけどちょっと切ない」などの声が上がっていました。
・素敵な話。子供たちに葉のベットを作ってもらうために散らしたのかな。
・日本昔話のようですね。グッときました。
・徳の高いタヌキだったんだろうな。特別な葉っぱだったのかな。
コメントには、「葉の文字は、お札などに使用される『梵字(ぼんじ)』だったのかもしれない」といった声も多く寄せられていました。
なんとも不思議なお話ですが、きっとタヌキも子供たちのおかげで天国に行けたことでしょう。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする