NEDO・東北大ほか 温泉スケールが付着しにくい熱交換器を開発

NEDO・東北大ほか 温泉水のメンテで温泉スケールが付着しにくい熱交換器を開発(参照:西松建設(株) トンネル工事の水中ポンプの無人監視システムを開発)
NEDO・東北大ほか 温泉スケールが付着しにくい熱交換器を開発の画像はこちら >>image from NEDOページより
2020年9月23日 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は東北大学を含む研究グループで、「NEDO先導研究プログラム/エネルギー・環境新技術先導研究プログラム」に取り組み、温泉水の熱交換時でも、安定した熱交換が可能な新しい熱交換器を開発したことを発表した。
カルシウムや硫黄などの溶解成分を含む温泉水は、熱交換時に熱交換器の伝熱面上に、いわゆる「湯の花」と呼ばれている固体成分(温泉スケール)が付着し、熱交換を阻害することがある。現在の熱交換器では、2週間~3カ月に1度程度のメンテナンスを行い、熱交換器に付着した温泉スケールを取り除いている。今回開発した熱交換器は、回転する伝熱面に羽根を押しあてることによって、伝熱面に析出した温泉スケールをはぎ取り、熱交換の効率を維持するというもの。
研究グループは、長崎県の小浜温泉で1か月に渡る実証実験を行い、伝熱面の温泉スケールの除去と熱交換効率の低下抑制を確認した。実用化されると、温泉施設のメンテナンスコストの削減や熱利用の促進などが予想される。今回開発された技術は、汚泥を含む工場温排水や、海水や河川水との熱交換(冷熱利用)などにも応用できるのではと期待されている。NEDOによると、今回の成果は、化学工学会第51回秋季大会にて発表される予定だという。
研究グループには、NEDO、東北大学(多元物質科学研究所)のほかに、株式会社馬渕工業所、一般社団法人小浜温泉エネルギーが参加している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする