放火容疑で45歳女を再逮捕=強殺事件被告、保険金目的か―宮城県警

自宅に火を付け、火災保険金をだまし取ろうとしたとして、宮城県警捜査1課などは27日、現住建造物等放火と詐欺未遂の疑いで、無職岩崎恭子被告(45)=強盗殺人罪などで起訴=を再逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。
再逮捕容疑は昨年9月16日午後6時ごろ、当時住んでいた同県大崎市内の木造2階建てアパートの自室に放火。焼損した家財の火災保険金を詐取しようとした疑い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする