「ブラックフライデー」実施中のイオン、コストコ、ドンキ…現場を見た記者のホンネ

11月27日は、ブラックフライデー。アメリカでは1年で“最も売り上げが見込める日”として各地でセールが行われるトレンドがあり、近年は日本でも盛り上がりを見せ始めている。amazonや楽天などの大手ECサイトには次々セール商品が登場しており、何がお得なのかは一目瞭然なのだが、実店舗となるとなかなか状況が掴めない。しらべぇではユニクロやドン・キホーテ、コストコなどを取材。現場の盛り上がりはどうなのか、そして何を買えば得なのか、取材した記者たちにホンネを語ってもらった。
■ユニクロユニクロはブラックフライデーと銘打ったセールは実施していないが、独自に「ユニクロ誕生感謝祭」というセールを11月19日から12月3日まで行っている。ユニクロを取材する記者Aは「1週間前から誕生感謝祭を行なっており、ヒートテックやダウンなどの冬用アイテムが安く入手できるのはかなり嬉しい。ただ期間が長いのでブラックフライデー当日は中だるみするかな…と思いきや、ヒートテック毛布の新商品が発売されて驚きました」と注目ポイントを挙げた。本人もユニクロファンであり「欲を言えば、従来のヒートテック毛布が、感謝祭の値下げ対象になっていれば嬉しかったです」と本音も。忘れぬよう、要チェック!
ブラックフライデー当日のユニクロ 今冬の大本命アイテムをひっそり発売する https://t.co/6nblRk0SMZ#ブラックフライデー #ユニクロ #ヒートテック しらべぇ【公式】 (@sirabee_news) November 26, 2020
関連記事:コストコのブラックフライデー 驚異の「26万円引き商品」登場も不評の理由■ドン・キホーテ30日までセールを行っている渋谷MEGAドンキを視察した記者A。「家電製品だけでなく、渋谷らしく美容系のアイテムを含んだ福袋があったりと、地域性が出ているのが面白い。ドンキは元々ディスカウント商品が多いので、金額面でのインパクトはやや少なかったが、本来ならば年始に発売される福袋がひと足先に手に入るのは新鮮だった」と魅力を挙げた。一方で「福袋の売り場が分かりづらく、マニュアルも完備されていない印象を受けた。店頭で大々的に宣伝をしていたが1F入り口付近で購入できるワケでなく、6Fまで上がる必要があった。1Fの店員に場所をたずねても把握していない状況。『店一丸となって』というよりはフロア毎に独立した存在である感じが強い」と、現地での混乱も体験。最後に「『ブラックフライデー』と銘打ったキャンペーンは今年が初とのことなので、来年以降は色々な改善を見せてくれることを期待したい」と期待を寄せていた。さすが天下のドン・キホーテや…!
ドンキ、意外にも今年がブラックフライデー初参戦 「安さの殿堂」は伊達じゃない https://t.co/dQd5kGHqz3#ブラックフライデー #ドンキ #ドン・キホーテ しらべぇ【公式】 (@sirabee_news) November 26, 2020■コストコブラックフライデー前夜の26日に現地を取材した記者K。「セールは一足先にスタートしていたので正直、もっと人が多いと思っていましたが、平日のせいもあってか普段より人がかなり少ない。つまりセールお目当てで来ている人はいないっぽいです」と話す。29日までセールは行われるが「セール対象はコストコの特徴である食品ではなく、ほとんどが家電のようです。しかもテレビに偏っていた。いかに100gあたりの価格が安い食材を探すかがコストコの楽しみ。40万円のテレビが20万円になっているのは驚愕でしたが、僕のような庶民には無関係なことだと感じました」とも。おそらく同じ印象を受けたお客さんは多いだろうと予想した上で、「スタッフの女性が言っていたのは来週にはスイーツなどがセール対象になるという噂。ブラックフライデー後もセールが続けば、再度チェックしてみたい」と語っていた。男女でテンションが違う…
コストコのブラックフライデー 驚異の「26万円引き商品」登場も不評の理由 https://t.co/QoONppRupv#コストコ #ブラックフライデー しらべぇ【公式】 (@sirabee_news) November 26, 2020
■イオン日本におけるブラックフライデーを牽引しているイオングループは29日までセールを実施中。取材に行ったN記者は「去年も食品から防寒グッズ、電気ストーブなどの家電まで幅広くセールを行っていたイオン。私は去年ストーブや毛布、布団などの冬用品を3万円ほど購入し、だいぶ安く抑えることができました。今年も日本ハムのウインナーやベーコンなどが5点詰め込まれた大容量パックが500円引など、庶民に寄せた割引が多く好印象」と絶賛する。特にマスクの品揃えに注目しており「秋冬を意識した厚手のものも多く、だいたい2割引くらいされているので、買い溜めるのもいいかも」とも。ニーズに合った商品がセールになっているのは嬉しいことである。これは嬉しい!
今だけ超お買い得! イオンのあったかインナー『ピースフィット』がセール中 | ニュースサイトしらべぇ
https://t.co/f0HKzBkwJl@sirabee_news #イオン #ブラックフライデー #ピースフィット しらべぇ【公式】 (@sirabee_news) November 22, 202011月29日まで実施!
秋冬マスクを買うなら今? イオンのマスク売り場でお買い得セール中 | ニュースサイトしらべぇ
https://t.co/knAdDBbZkL@sirabee_news #イオン #ブラックフライデー #パステルマスク しらべぇ【公式】 (@sirabee_news) November 23, 2020■ヤマダ、コジマ、ケーズデンキヤマダ電機、ケーズデンキ、コジマを取材したのはO記者。「それぞれ規模の大きい家電量販店ですが、共通していることは、どの店舗もブラックフライデーに力を入れているとは思えなかったことです」と落胆する。ヤマダ電機、コジマは、「ブラックフライデー」とは命名せず独自のセールを実施していたが、「いつも通りの店内という感じで、POPもあまり見かけなければ、〇〇%OFFという表記も見当たらず。店員さんに聞いても何がお得なのかは分からない状況。一般の方々はもっとわからないのでは…」と疑問を感じたという。ケーズデンキはブラックフライデーと銘打ったチラシがあったので、商品の全貌を確認しやすかったという印象もあるそうだ。しかし「とりあえず時期を合わせただけの簡単なセールという印象。やはり歳末、クリスマス商戦に向けているのでしょう。いい商品が多いとは思えなく、加湿器がチラシでは紹介されていたが、在庫数が少なく ブラックフライデー前日時点ですでに完売状態だった」(O記者)。ブラックフライデー、一番安いのは…
ブラックフライデー最前線 ヤマダ、コジマ、ケーズデンキでは「加湿器」に注目か https://t.co/PQDDP3qgGM#ブラックフライデー #ヤマダ電機 #ケーズデンキ しらべぇ【公式】 (@sirabee_news) November 26, 2020
■洋服の青山青山は29日までブラックフライデーを実施。広報に取材した記者Aはこう話す。「冬物のコートを含むほぼ全ての商品がセール対象で、最大70%オフになるというのは驚きました。ただ、残念ながら自分は私服勤務のため、ビジネスウェアを購入する機会がないのですが…」と、タイミングにあったセール実施にはプラス印象を持ったとのこと。商品をすべてチェックしたところある商品に興味を抱いたという。「個人的には『昼寝にも使えるジャケット』が衝撃的で、テレワークが主流となりつつある現代のトレンドを汲んでいる印象を受けました」(記者A)。ブラックフライデー、お得感がある店もあれば、まだまだという店も。定着するにはもう少し時間がかかりそうだ。明日から、これで上手いこと昼寝します! @AoyamaOfficial
洋服の青山、ブラックフライデーに参戦 テレワーク昼寝に最適なアイテムも対象に https://t.co/k4RyVOloHH#洋服の青山 #ブラックフライデー しらべぇ【公式】 (@sirabee_news) November 26, 2020
(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする