日本初「ゴディバ カフェ」が東京駅に登場! 限定チョコドリンクやフードも

だれもが知るチョコレートブランド「GODIVA(ゴディバ)」。その国内初となるカフェ「GODIVA cafe Tokyo」が東京駅グランルーフ フロント(東京都千代田区)内に11月26日、オープンした。

店内は、ペールブルーと上品なゴールドを基調とした大人の空間。GODIVAのルーツを感じさせるモダンヨーロピアンをベースに、 都会になじむハイセンスさをミックスしたとのこと。

人気のチョコレートドリンク「ショコリキサー」(584円~)はもちろん、 「カカオミルク」(580円)や「カカオエスプレッソ」(480円)、「カカオカフェラテ」(600円)、「カカオソーダ」(520円)などカフェオリジナルメニューが豊富にそろう。

もちろんコーヒーも。「ゴディバブレンド」(320円~)をはじめとしたオリジナルブレンドコーヒー&エスプレッソは、チョコレートとの相性抜群。スミスティーメーカーの茶葉を使用したティーメニューや「エルダーフラワーレモネード」(530円)などのソーダ、ワインやビール、カクテルのアルコール類も。すべてのドリンクにはGODIVAチョコレートが1つ添えられる。

クロワッサンとワッフルを合わせた「クロッフル」(8種/1ピース280円)はイートインはもちろん、詰め合わせて手土産にしても喜ばれそう。そのほかジャーに入ったサラダやスープ類、パスタやシチュー、キッシュなどフードも多数用意されている。

スイーツメニューでは、 世界に5人しかいないGODIVAシェフ、 ヤニック・シュヴォローによるシェフズコレクションを展開。 「ムースショコラ」(550円)など。

カフェオリジナルグッズやGODIVAのギフト商品を扱った物販エリアもある。店内に自動販売機も稼働予定なのだとか。

気軽に立ち寄れるカジュアルさがありながらも、GODIVAブランドの上質感を味わえるカフェ。営業時間は8時から22時までと、朝から夜まで楽しめるのもうれしい。

さらに、2025年までに50店舗ほどの出店を計画しているそう。今後の展開も楽しみだ。

※価格は税別

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする