身分隠し、給付金不正受給=暴力団組員の男逮捕―愛知県警

暴力団員であることを隠して新型コロナウイルス対策の「持続化給付金」を不正受給したとして、愛知県警捜査4課などは26日までに、詐欺容疑で特定抗争指定暴力団山口組系組員の会社社長大橋一夫容疑者(38)=東京都足立区新田=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は、5月下旬に持続化給付金を電子申請する際、「暴力団員に該当しない」と虚偽の誓約をし、6月に現金200万円を詐取した疑い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする