杉村太蔵、GoTo継続に悩む各知事を弁護「見直しは、おカネが入ってこなくなるってことで判断が本当に難しい」

26日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、見直しが決まったGoToトラベルキャンペーンについて、あくまで国の判断とし、国に東京都の除外を求めていない小池百合子知事(68)のスタンスについて報じた。
元国会議員でタレントの杉村太蔵(41)は「GoToトラベルの受け入れを(各)知事に判断してもらうっていうのは、僕が知事の立場だったら、その県におカネが入ってこなくなるってことで、この判断は本当に難しい」とコメント。
その上で「判断しやすい状況をつくるなら、『分かりました。北海道はGoToトラベルを中止します。その代わり、国から交付金を下さい』となれば、知事も判断しやすい」と提言。「でも、そうなると、『危険性を犯さずに中止するので、おカネ下さい』となって、経済がなかなか、回りづらくなる。このバランスが難しいので、(各知事は)悩んでいるんでしょうね」と続けていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする