東京メトロ、ウイルスや花粉を抑える「空気循環ファン」の搭載試験開始

東京メトロは11月25日、三菱電機と共同で、空気中に浮遊するウイルスや菌、花粉を抑制する機能を持つ車内空気循環ファンの搭載試験を、11月26日から開始すると発表した。

設置する車内空気循環ファンには、三菱電機独自の放電技術による「ヘルスエアー機能」を搭載。車内の空気を装置に吸い込み、電気を発生させた空間に通すことで、ウイルスや菌、花粉を抑制できるという。

東京メトロによるとこの装置は、病院やホテル、東京都が設置する新型コロナウイルス感染者の宿泊療養施設などでも利用されているという。鉄道車両への試験搭載は初めてとのこと。

試験期間は21年2月下旬まで。銀座線1000系車両1両のドア横荷棚上部に計6台設置する。東京メトロは、搭載試験を通して装置内部のフィルターへの影響など、鉄道車両で使用する場合の保守性を確認し、今後の運用を判断するとしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする