慶応大と東京歯科大、合併へ=23年めどに歯学部開設

慶応義塾(東京都港区)と東京歯科大(千代田区)は26日、2023年4月をめどに学校法人を合併する方向で協議を始めたと発表した。慶応大に新たに歯学部が開設される見通しで、医学、看護医療、薬学と併せた医療系4学部が設置されるのは、総合大学として初めてという。
発表によると、東京歯科大は歴史的関係の深い慶応大との合併を検討し、今月6日に申し入れた。慶応義塾は26日の評議会で協議開始を決定したといい、「総合大学としての研究力・教育力が一段と向上し、健康長寿社会の実現に大きく貢献できる」などと説明している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする