小倉智昭氏、安倍前首相の「桜を見る会」疑惑で秘書が事実と異なる説明をしていたことに「また1人だけの責任で終わるかも」

25日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で、安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会を巡り、安倍氏周辺が東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、ホテル側への支払いの一部を補填したと認めていることを報じた。
安倍氏は、これまで国会で支払いについて「費用は参加者が負担。一切収支はない」などと答弁してきた。ただ、安倍氏側が昨年までの5年間、支払総額と参加者から集めた会費との差額を負担し、多い年で約250万円を補填した可能性があることも判明した。さらにホテル側の領収書に5年間の総額で少なくとも800万円以上を事務所側が負担したと記載されていたことが分かった。特捜部が立件の可否を検討している。
関係者によると、安倍氏は問題発覚後の昨年末、事務所に確認した際、秘書が「会費以外の支出はない」と回答。この秘書は政治資金収支報告書に記載していなかったため、事実と異なる説明をしたという。
小倉智昭キャスターは、今回の問題で秘書が事実と異なる説明をしていたことに「また1人だけの責任で終わるような感じになるかも分からないですね」と指摘していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする