「釣りキチ三平」漫画家・矢口高雄さん死去 膵臓がん 81歳

名作「釣りキチ三平」などで知られる漫画家の矢口高雄さん=本名・高橋高雄さん=が20日、膵臓がんのため都内の病院で死去した。81歳だった。次女・かおるさんが25日、矢口さんのツイッターで報告した。葬儀は近親者のみで営まれ、偲ぶ会が後日行われる。
かおるさんは「父・矢口高雄は11/20に家族が見守るなか、眠るように息を引き取りました。今年5月に膵臓がんが見つかり、約半年病気と闘っていました。すごく辛くて苦しかったはずだけど、涙も見せず頑張りました。最後まで格好良い自慢の父でした。パパ、ありがとう。そして、お疲れ様」とツイッターにつづった。
矢口さんは1939年、秋田県増田町(現・横手市)生まれ。増田高卒業後、羽後銀行に入行。68年に漫画誌「ガロ」に入選し、70年に漫画家を志して銀行を退職し上京した。
釣りをテーマにした「鮎」でデビューし、73年に「釣りキチ三平」の連載を開始。爆発的な人気を集め、翌年の講談社出版文化賞を受賞。代表作に「釣りキチ三平」(全67巻)「釣りバカたち」「マタギ列伝」「おらが村」「ニッポン博物誌」「オーイやまびこ」「ボクの手塚治虫」「新・おらが村」「激濤マグニチュード7.7」「螢雪時代」など。95年に故郷の横手市にまんが美術館を開館した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする