【訃報】『釣りキチ三平』の作者・矢口高雄さん すい臓がんで逝去

2020年11月25日、漫画家の矢口高雄さんが亡くなっていたことが明らかになりました。81歳でした。
同日、矢口さんの次女がTwitterを更新し、同月20日に家族が見守る中、息を引き取ったといいます。
矢口さんは同年5月からすい臓がんを患っており、闘病していたとのこと。最後まで涙を見せずに病気と向き合っていたことを明かしました。
矢口の次女 かおるです。父・矢口高雄は11/20に家族が見守るなか、眠るように息を引き取りました。今年5月に膵臓がんが見つかり、約半年病気と闘っていました。すごく辛くて苦しかったはずだけど、涙も見せず頑張りました。最後まで格好良い自慢の父でした。パパ、ありがとう。そして、お疲れ様。 pic.twitter.com/mcjw1eOuye
『釣りキチ三平』などを生み出し、多くの人に愛されてきた矢口さん。
矢口さんにとって、2020年はちょうど画業50周年でした。
地元・秋田県横手市では展示会も行われており、人気を博していました。
矢口高雄画業50周年記念展が開幕いたしました!地元愛を訴え続け、今なお多くの人々を魅了する #矢口高雄 先生の作品を、原画はもちろん、複製原画やパネル、その他の資料なども含め、ドドドーンと展示いたしております!一緒に先生の画業50周年をお祝いしましょう!ご来館をお待ちしております pic.twitter.com/im6wNIVQOz
偲ぶ会は予定しているものの、時期は非公表。
また、まんが美術館のホームページでは、矢口さんへのメッセージを受け付けるといいます。
ネット上では「『釣りキチ三平』が大好きでした」「名作をありがとう」「悲しくて言葉にならない」などの声が寄せられていました。
ご冥福をお祈りいたします。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする