西川貴教、肉体美で優勝 一部の偏見に「誤解が解けたら…」とコメント

2020年11月23日、歌手の西川貴教さんが自身のTwitterを更新。
同日滋賀県大津市の大津市民会館で行われた、健康美コンテスト『BEST BODY JAPAN滋賀大会』に出場し、ゴールドクラスで優勝したことに加え、モデル部門で準優勝したことを報告しました。
【ご報告】最近テレビに出る度に「黒い」だの「気持ち悪い」だの言われてきましたが、実は『BEST BODY JAPAN滋賀大会』に一般でエントリーし、本日ゴールドクラスで優勝、モデル部門で準優勝しました。挑戦することに遅過ぎる事は決してありません!忙しさが体づくりの言い訳にならない事の証明です。 pic.twitter.com/KhCNkrySdH
報告とともに、美しい肉体を披露した西川さん。
また、続く投稿で、身体を鍛えることに対する一部の偏見に対して「誤解を解くきっかけになれたら嬉しい」と、想いをつづりました。
未だにフィットネスに対してナルシズムや自己顕示欲の象徴だという人が多いですが、どんな大会も準備から出場まで本当に大変です。だからこそフィットネスを志す方は皆んな優しく素敵です。今日参加された全てのカテゴリーの方々もそうでした。今回そういった誤解を解くキッカケになれたら嬉しいです。 https://t.co/0bKx3Oe8s1
西川さんの投稿に、多くの人が「すごい!」「おめでとう!」とコメントしています。
・本当にすごい。私も西川さんに刺激を受けて、1年前からジムに通っています。私ももっと頑張ろうと思いました。
・ちょっとやせるだけでも大変なのに、ここまで美しくきたえられるのはすごい。尊敬します。
・身体が変われば人生が変わると私は思います。筋肉は裏切らない!
・「忙しさはいい訳にならない」がグサッときました…!最近サボっていたのですが、今日からまた頑張ろうと思います!
「挑戦するのに遅すぎることは決してない」と、自身の身体で証明した西川さんは、今年で50歳。
年齢を感じさせない肉体美と、西川さんのパワフルな言葉に励まされた人は多いでしょう!
年齢を理由に、チャレンジするのを諦めていたことがある人は、改めて挑戦してみてはいかがでしょうか。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする