「鬼滅の刃」特需で書店市場が4年ぶりに拡大か 帝国データバンク調べ

帝国データバンクによると、自宅で過ごす時間が増えたことや「鬼滅の刃」のヒットで書籍や付録グッズ販売が好調なこともあり、2020年の書店市場は4年ぶりに拡大する可能性があるという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする