「初心に帰って任務に」=野口さん、ISSで会見

国際宇宙ステーション(ISS)で長期滞在を始めた野口聡一さん(55)が24日夜、東京都千代田区の宇宙航空研究開発機構(JAXA)東京事務所と結んで記者会見し、「宇宙に来るのは3回目だが、初心に帰ってISSでの任務にまっさらな気持ちで当たりたい」と元気な表情を見せた。
野口さんは米民間宇宙船「クルードラゴン」運用初号機に搭乗し、ISSに17日に到着。過去2回の飛行で、スペースシャトル、ロシア宇宙船ソユーズの搭乗経験のある野口さんは「宇宙に着くまでの時間はほとんど同じだが、エンジンの真上に乗っているような感覚。加速度がぐんぐんやってくる感じがして、若々しい乗り物だと感じた」と振り返った。
10年ぶりに訪れたISSの印象を問われ、「ものが増えている。宇宙実験が連日目白押しで、いろいろな形で使われている」。今回は多様な宇宙日本食を持ち込んだといい、「10年前と違い、パッケージにカラー写真が付いているので、他国の宇宙飛行士からもいいなと言われる。これからいろいろ試していくのが楽しみです」と笑顔で語った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする