妻にセクハラ連発する父に息子の我慢は限界に 壮絶な親子喧嘩の末に殺害

(airdone/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)息子の妻を気に入り、嫌がられてもなおセクハラを繰り返していたある父親。息子は呆れて「もうよせよ」と説得していたが、それでも懲りない父親のことを、ついに許せなくなった。
■結婚した男の悩みインド・デリーで暮らすある男(24)には、誰よりも愛する妻がいる。その女性を気に入ったのは男だけでなく、彼の父親もすっかり魅了されてしまったようだ。しかも父親は、息子の妻に猛アタックを開始。セクハラ行為を始めたほか、破廉恥な言葉を浴びせては恥ずかしがらせるなどし、エスカレートする一方だった。
関連記事:不当なスマホ修理代を要求された16歳少年 不安と恐怖に耐えきれず自殺未遂■セクハラを続けた父親ヒートアップした父親は、息子や他の家族がいてもセクハラを繰り返すように。妻を守りたい。父親のことも尊重してあげたい。そんな思いを抱えストレスをためていた男をよそに、父親の言動はあまりにも大胆かつ性的なものになっていった。男は「父さん、もうやめろよ」とたびたび介入したが、反省するどころか調子に乗るいっぽうの父親に対し、強い憎しみを感じ始めた。■ついに起きた殺人事件先日のこと、あまりにも破廉恥な父親に激高した男は食ってかかり、それでも引かない父親と大喧嘩が勃発。このとき男は、近くにあったスカーフを咄嗟に手にとって父親の首に巻き付け、きつく縛り上げて死なせてしまった。その直後に弟が帰宅し、死亡している父親を発見し愕然。すぐに通報し警察を呼んだことで、男はあっけなく逮捕された。妻との幸せな将来を夢見ていた男だが、24歳の若さで親殺しの容疑者として裁かれることになってしまった。

■家族に殺意を抱くこともしらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の22.6%が「家族に殺意を覚えた経験がある」と回答した。

家族は頼れる存在であると同時に、「死んでしまえばいい」と願うほど憎んでしまうことは、それほど珍しいことではないようだ。男の父親も節度ある態度で嫁に接していれば、大事な息子を殺人犯にすることはなかったに違いない。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする