豊胸手術を受けた女性が帰国後に救急搬送 手術中の心停止をクリニックが隠蔽か

(Henadzi Pechan/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)SNSで見つけた海外のクリニックを訪れ、豊胸手術などを受けたある女性。だが目が覚めると体調が悪く、帰国後には倒れて病院に搬送された。そこで診察を受けた女性は、「豊胸手術の最中に心停止状態に陥った可能性が高い」と聞かされることに…。
■海外で受けた手術英国・バークシャーで暮らす女性(47)が、体型を気にし美容整形を受けることを決意した。女性はSNSで、「評判がいいクリニックがトルコにある」という情報を入手。早速そのクリニックのアカウントから患者たちに接触し、「超おすすめです」という返事を得たという。そこで女性は、今年9月に同クリニックに行き豊胸手術や脂肪吸引を受けたが、手術後は痛みと嘔吐がひどく、呼吸も困難に。にもかかわらず鎮痛剤すら出してもらえなかったため、「このまま死ぬのではないか」と思ったという。
関連記事:シバター、豊胸認めたてんちむを痛烈批判 「詐欺と言われても仕方がない」■帰国後に倒れた女性それでも手術から6日後には「英国に帰っても大丈夫」と言われ帰国したが、体調はすぐれず、女性は自宅で卒倒。搬送された女性を診察した医師団は「敗血症になっている」「放置していては命にかかわる」と判断し、豊胸に用いられたインプラントを抜去した。そのインプラントをチェックしたところ、英国などでは豊胸に使うことを禁じられているものだった。

■手術中に心停止状態に?女性の治療にあたった医師団は、女性の肋骨数本が折れていることも確認。豊胸手術の最中に女性が心停止状態になり、蘇生するためクリニックの担当医が胸骨を圧迫し、折れた可能性が極めて高いと判断した。死にかけていたというのに、手術中に起きたトラブルについて一切知らされぬまま帰国していた女性。確かにSNSで接触した人たちは「このクリニックは最高!」などと伝えてきたというが、今は「いわゆるサクラだったのではないか」と感じているそうだ。
■コンプレックスを持つ人は多いしらべぇ編集部が全国10~60代の女性899名を対象に調査した結果、「自分の胸のサイズに自信がある」と回答したのは、全体のわずか10.6%だった。

日本でも美容やプロポーションに対する関心は高まる一方で、韓国などにわたって美容手術を受ける人も多いという。しかし、全ての人が結果に満足するわけではない。SNS発の情報を盲信するのではなく、事前にしっかりリサーチする必要がありそうだ。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする