大阪・新世界にオープンした「秘宝館本店」が世界初「ゴルゴ13公式射的場」に 異色コラボなぜ実現?

大阪・新世界に先日オープンした大型射的場「秘宝館本店」が、漫画『ゴルゴ13』とのコラボにより、世界初の「ゴルゴ13公式射的場」に認定されました。どうやってゴルゴ13にコラボ依頼したんだ……。

コラボは11月21日からスタートしており、コラボ中は店内のあちこちにゴルゴ13のイラストが掲示されるほか、Tシャツやキーホルダーなど各種グッズも販売。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響もあり客足減少が続く新世界に少しでも人を呼び戻そうと、運営元の社長が秘密のルートからコラボを依頼し、企画実現に至ったのだそうです。

「秘宝館本店」は、新世界では有名なゲームセンター「ザリガニ」の運営会社が9月に新しくオープンした“日本最大にして、戦後大阪府が公認した最初の射的場”。また今回のコラボに伴って、同店2階に新しくオープンしたザリガニの新店舗「超ザリガニ」も、「ゴルゴ13公式ゲーセン」に認定されています。

「超ザリガニ」側でも、店内の各所に『ゴルゴ13』とのコラボイラストが掲示されるほか、こちらはさらに、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)のガンシューティングゲーム版「ゴルゴ13」シリーズを豪快に4台設置。スコープをのぞき込んで精密な狙撃を行うギミックが当時高く評価された作品で、遊んだことがない人はこの機会にぜひ触れてみてほしい名作です。

コラボの経緯についてお話をうかがったところ、もともとザリガニの社長が『ゴルゴ13』の熱心なファンで、いつか「ゴルゴ13」をメインにしたゲームコーナーを作りたいと、ガンシュー版の筐体を以前から収集していたとのこと。加えて前述の通り、観光客の激減で目下苦境にさらされている新世界に少しでも人を呼び戻したいという思いもあり、今回のコラボ実現に至ったのだそうです。なお、ライセンス契約料はザリガニ社長個人の持ち出しで、コラボグッズ販売などで得た収益は大阪の医療従事者へ寄付する予定としています。

他にも店内では、今回のコラボのために制作された、ザリガニ×ゴルゴ13による15ページのオリジナル(?)漫画「COVID-19・総帥からの依頼」も読むことが可能。果たしてゴルゴ13は、ザリガニからの“依頼”を引き受けてくれるのか……?

※コラボ写真提供:レトロゲーセン ザリガニ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする