和歌山県「アドベンチャーワールド」でパンダの赤ちゃん誕生

和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は22日、同施設で17頭目となるジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生したと発表した。
同施設によると、赤ちゃんは体長20.5センチ、体重157グラムの雄。元気な鳴き声を上げており、母子ともに健康状態は良好という。
父「永明」(エイメイ、28歳)と、母「良浜」(ラウヒン、20歳)の間に赤ちゃんが生まれるのは2年ぶりで、10頭目。
永明は人間でいえば80代と高齢。飼育されているパンダの中では、自然繁殖に成功した世界最高齢の雄という自身の記録を更新した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする