茨城県で震度5弱=原発異常なし―気象庁

22日午後7時5分ごろ、茨城県沖を震源とする地震があり、同県東海村で震度5弱の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは45キロ、地震の規模(マグニチュード)は5.7と推定される。この地震は東日本大震災の余震と考えられる。津波の心配はない。
原子力規制庁によると、停止中の日本原子力発電東海第2原発(東海村)、日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(同)など、茨城県内の原子力施設から地震による異常は報告されていない。
東京電力によると、福島第1原発、第2原発での異常は報告されていない。
東北新幹線は大宮―郡山間で一時運転を見合わせた。
地震による主な各地の震度は次の通り。
震度5弱=茨城県東海村
震度4=水戸市、福島市、福島県郡山市、同県いわき市、栃木県益子町
震度3=茨城県日立市、福島県会津若松市、宇都宮市、宮城県名取市、群馬県桐生市、さいたま市、千葉市、千葉県成田市、東京都杉並区。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする