辛坊治郎キャスター、「GoTo―」と感染拡大の関連に「客観的に読み解きづらい状況」

21日放送の日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・前8時)で、新型コロナウイルスの感染者が急拡大していることを特集した。
20日に確認された全国の新規感染者は2432人と増えているが、辛坊治郎キャスターは、感染者数の推移を示すグラフを紹介した上で政府の経済振興策の「GoToキャンペーン」と感染者数が関連しているとの指摘について「GoToトラベルが東京を除外して全国で始まったのが7月22日です。実はGoToトラベル始めるときにこれで感染が広がるんじゃないのと言われていたんですが、7月、8月、9月と減少しています」とした上で「東京が入ったのが10月からですね。同時にGoToイートが10月から始まりました。そして11月から陽性者が増えている状況」と分析した。
その上で「これを見るとGoToと関係があるのか。そのタイミングで感染が増えているのか。なかなか客観的に読み解きづらい状況」と指摘していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする